金融×Tech=Fintech(フィンテック)の事例紹介

銀行のATM

フィンテックは金融を表すFinanceと、技術を表すTechnologyを組み合わせた言葉です。金融の分野にもTechnologyが存在感を大きく発揮するようになっています。フィンテックの典型的な事例と言えるのがネットバンキングです。フィンテックが導入される前は銀行に預けたお金は銀行やATMからしか使えないのが一般的でした。そこにTechnologyが導入されたことにより、インターネット上から送金や支払いが出来るネットバンキングが普及しています。ネットバンキング上のお金のやり取りはスマートフォンやパソコンですぐに確認することが出来るので、管理しやすいというメリットがあります。口座のお金をネット上で管理することについては、セキュリティ上の問題が指摘されることもありました。しかし、技術の進歩によってセキュリティが進化を続けることにより、ネットバンキングを安全に使用できる環境が提供されています。

スマートフォンで送金や支払いが出来ることもこの事例の1つです。昨今ではキャッシュレス化が進んでいて、そこにフィンテックは非常に大きな影響を及ぼしています。フィンテックがますます進歩することにより、通貨が異なる国での決済も簡単に行える可能性があります。資金の貸し手と借り手を繋ぐこともフィンテックの事例の1つであり、安全かつスピーディーにお金のやり取りを行うことが出来ます。

金融商品の売買にもフィンテックは活用されています。かつて金融商品を購入するには銀行や証券会社などに来店し、所定の手続きを行う必要がありました。これは初めて資産運用を行う方にとって不便な部分があります。フィンテックにより、スマートフォンやパソコン上からも金融商品の購入が出来るようになったので気軽に資産運用を始める方が増えています。

Fintechはクロステックの中でも特に進歩が速い部分があります。金融機関ではどんどんと新しいTechnologyを導入しています。新しい技術で利便性が上がれば上がるほど利用者が増えると考えられるからです。近年では仮想通貨も登場しているので、ネット上でお金のやり取りをするメリットが大きくなっています。経済社会の基幹インフラをより効率的なものにするためにも、Fintechを導入することは非常に重要と言えるでしょう。国内外から資金を集める企業によって、フィンテックは経営を支える要素ともなっています。