広告×Tech=AdTech(アドテック)の事例紹介

アドテックは広告を意味するAdとTechnologyの融合です。クロステックの中でもアドテックは初期の段階から導入されていて、どんどんと進化を遂げています。最初のころのアドテックはインターネット上にとにかく広告を掲載することが重要でした。インターネット上に掲載することは費用が安く、簡単であるためアドテックはどんどんと一般的になっていきました。しかし、ネット上の広告が一般的になるにつれて、人々が素通りしてしまうケースも増えていきます。そこで様々な工夫が見受けられるアドテックの事例が登場しました。

アドテックの典型的な事例となっているのが動画サイトによって掲載される広告です。動画サイトには毎日多くの方がアクセスしているので、宣伝を行うにもうってつけの場所です。広告を確認しないと動画を見られない仕組みにすることにより、確実に宣伝を流すといった手法がとられています。このような手法は多くの方に見せるという点では有効ですが、あまりに強制的に見せるようにしてしまうと逆効果となるケースが多くなっているので注意が必要です。

ネット広告をクリックするとその商品のページに移動する仕組みになっています。それゆえにアドテックの大きな目的の1つは目当てのサイトにアクセスさせることと言えるでしょう。そのためにユーザーが思わずクリックするような仕掛けを用意している事例があります。アピールの仕方と利便性を阻害しないことのバランスが鍵となっています。

AdTechはネット広告以外の分野でも活用されていて、その1つがメールマガジンです。メールマガジンは高い効果を持つことが知られていますが、その配信にはなかなか手間がかかっています。そこでこの分野にTechnologyを導入することで配信設定を一括で管理することが有効です。そのためのプラットフォームも開発されています。AdTechは必ずしも一方通行なものではありません。場合によってはユーザーからの反応に対する、企業側の受け答えにも活用されます。また、SNS上で自動的に情報を発信する仕組みを導入している企業もあります。AdTechによる自動化は業務を効率化する上で非常に便利です。しかしながら、とっさの変化に対応できなかったり、プログラムに忠実過ぎたりすることもあります。それゆえに完全に自動化するのではなく、人の手とのバランスが非常に重要となっていると言えるでしょう。