医療×Tech=MedTech(メドテック)の事例紹介

医療を意味するMedicalとTechnologyの融合によるメドテックも注目を集めています。医療分野では高度な情報を扱っていますが、その内容の詳細を患者さんがいつでも確認できるといったことはあまりありませんでした。しかし、メドテックが導入されることで患者さんが自分のデータを確認しやすくなる可能性があります。それはインフォームドコンセントやセカンドオピニオンにも重大な影響を与えます。

薬の飲み合わせを確認することにもメドテックが活用されています。薬は飲み合わせによって重大な副作用を引き起こすことがあります。それゆえに患者ごとにどんな薬を飲んでいるかは非常に重要な情報です。メドテック導入前にはカルテのみでその情報が管理されていましたが、それだけでは複数の病院に通っている方の情報管理が難しいという問題が発生していました。そこでメドテックを導入することでクラウド上で患者情報を管理するというケースが増えています。クラウド上で管理された情報は別の医療機関と共有することが出来るので、誤った処方をしてしまうリスクが下がります。医療機関では、クラウド上にある情報にも強いセキュリティをかけているので個人情報が流出してしまうことも基本的にありません。

在宅医療にもMedTechが活用されている事例があります。利用されている方の中には継続的な通院が難しい方も少なくありません。そんな場合において在宅医療を実施することがあります。在宅医療では病院にあるような高度な機器をたくさん使うことが出来ません。そこでMedtechを活用して必要最低限の道具だけで医療を実施します。それは医師不足に悩んでいる地域にとっても非常に重要な要素となります。

医療にTechnologyが活用されている事例は多くあります。MedTechで健康診断結果をいつでも確認できるようにすることもその1つです。健康診断の結果は書面で通知されるのが一般的ですが、その書面を一度確認した後に捨てたという方もいるのではないでしょうか。ネット上で情報を管理出来れば、たとえ書面がなくても専用のIDを持っている方はすぐに確認可能となります。高齢化が進む日本において病院はますます忙しくなると予想されます。その中でMedtechが進歩していくと適切な情報が行き渡りやすくなるので、病院の業務が効率化したり、病院に行くべきかどうかの判断がしやすくなったりすることが期待できます。